遊休地の活用方法➀

遊休地活用

計画的な計画による賃貸経営を

遊休地を有効的に活用するには様々な方法があります。
賃貸経営
遊休地の活用方法としてアパート経営の賃貸経営をおすすめします。

複数の入居者がいれば家賃収入も見込め、安定した収益を得られるでしょう。 ただし、初期費用は高くなります。

メリット
固定資産税や相続税など節税ができます。
デメリット
空室がでる可能性や劣化による資産価値の低下も考えられます。

周辺の相場をみて賃料を決めたり周囲の間取りなど調査をしていなければ、空室リスクが高まるでしょう。 また経年劣化を防ぐためにも、計画的な経営をおすすめします。賃貸経営は、駅に近いほど土地活用に向いています。

お気軽にお問い合わせください。03‐5413‐8476受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]

お問い合わせ

前の記事

遊休資産とは

次の記事

遊休地の土地活用②