遊休地の土地活用③

商業施設を建設することで

都心に近い場所であれば、商業施設を建設するのもおすすめです。
メリット
企業が長期的に借りてくれる可能性が高く、収益が安定して見込める点です。
住宅街が近い土地であればコンビニの需要は高く、収益が得られるでしょう。

デメリット
人が集まることから近隣トラブルが多くなります。
騒音やゴミの問題などトラブルは必ず起こるといっても過言ではないでしょう。

・高齢者施設
高齢化の進む社会なので近年需要が高まっている活用方法の一つです。
収益が得られやすいはずですが、空室のリスクはつきものです。

メリット

今後需要はなくならないでしょう。基本的に単価も高いため、安定した収益を得られます。

デメリット

介護トラブルが起こる可能性があり、場合によっては訴訟問題にも発展します。 なにか対策が必要かもしれません。

商業施設
遊休地活用

前の記事

遊休地の土地活用②