シェアリングエコノミー

3350億ドルの経済規模

近年「シェアリングエコノミー」という言葉をよく聞くようになりました。一般社団法人シェアリングエコノミー協会によると、「シェアリングエコノミー」とは、場所・乗り物・モノ・人・お金などの遊休資産をインターネット上のプラットフォームを介して個人間で貸借や売買、交換することでシェアしていく新しい経済の動き、と定義しています。
大量生産・大量消費の時代が終わりを告げ、今あるものをより効率的に有効活用していくという方向性に世界全体がシフトしています。それを表す数値として、シェアリングエコノミーの世界市場規模は2013年に約150億ドルでしたが、2025年までには約3350億ドルにまで拡大すると見込まれています。 ※出展元 経産省情報通信白書より実は駐車場もシェアの動きが広がっており、一戸建てにお住まいのオーナー様が、家の庭先の駐車場を自分の車が止まっていない時間帯だけ一時的に貸し出したりしています。

今後人口の減少が避けられない日本国内においては、非常に可能性のあるビジネスモデルかもしれません。
・空車を気にせず、安定的な駐車場収益を実現するサブリース
・今話題の月極駐車場検索サイトで効率的な集客を実現する
・壊れたままの機械式駐車場を眠らせている、修繕費用が高額
・面倒な月極駐車場の契約管理をアウトソーシング

遊休地活用事業などご相談ください

次の記事

シェアカー事業