機械式立体駐車場トラブル

実際に発生した駐車場トラブル

車を入庫するときにドアミラーが機器に接触する事故が起こりました。これは機械式の立体駐車場で実際に起きたトラブルです。
この時点ではまだ機器の損傷はなかったので、厳重注意と外観の修繕費で終わりました。 しかし、一か月後にまた同じ事故が起こってしまいました。二度目は立体駐車場の機能が完全に停止してしまいました。全機能が停止したので、他の契約者の車も出せなくなってしまい苦情が殺到しました。 結果、管理側が交通費等を立て替えるなどをして大きな損害が出ました。
同じ事故が続き契約者達は全員解約を申し出たようです。問題はここからで契約者が居なくなったとなると、駐車場も経営が成り立ちません。この駐車場は取り壊しの選択肢をすることとなりました。もし安全表示や車幅の表示などを示していればこのような事故は防げたかもしれません。駐車場では事故の事例がたくさんあります。駐車の際は通常の駐車場よりも特に気を付けたいものです。
最近の車は乗り心地を優先して車幅や車高が広く取ってある場合が多いので、駐車場の高さ制限等は念入りに確認するようにしましょうお気軽にご相談ください

遊休地ドットコム
遊休地

機械式駐車場老朽化診断・月極駐車場管理適正化コンサルティング

弊社は遊休人財・遊休資産に再度光を当てたいとの思いで設立したコンサルティング会社です。長年、空き地、駐車場の収益化コンサルティングを自身がしてきたノウハウや人脈でやってよかったと思えるようなご提案を社員一同させて頂けるようご提案させて頂きます。

前の記事

ITによる駐車場管理