遊休地とは

遊休地活用

遊休地をうまく活用することで、長期的な収益を

遊休地(ゆうきゅうち)とは、利用されていない土地のことを指します。

土地は所有しているだけでも、固定資産税が毎年かかります。しかし遊休地をうまく活用することで、長期的な収益が得られるようになります。遊休地を放置することは、デメリットが多く土地の価値は毎年下がっていきます。税金を払いながら土地の価値も下がるとなれば、早めに手放した方が賢いかもしれません。遊休地は放置するより活用していくことをおすすめします。自分一人で遊休地の活用を考えるのは難しいので、まずは土地活用の専門家に相談してみることをおすすめします。

お気軽にお問い合わせください。03‐5413‐8476受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]

お問い合わせ


次の記事

遊休資産とは