遊休地の土地活用②

遊休地活用

駐車場経営における注意点

駐車場経営

遊休地を活用する方法として駐車場の経営があります。
事前に駐車場の需要があるか調査をしておきましょう。商業施設や住宅地があれば駐車場の需要が見込めるでしょう。

メリット

こだわりがなければ土地を整備する費用が発生しないことから、初期費用を安く抑えられます。 また駐車場経営が上手くいかなくても、他の活用法へと変更しやすいのが特徴です。

デメリット

収益がそこまで高くないことです。駐車場は一歩間違えると全く収益が得られませんし、近年自動車の台数は減少傾向にあるので駐車場の需要も低くなっています。 今後の需要はそこまで見込めないため、収益が全く得られなくなる可能性もあるでしょう。

パーキング

お気軽にお問い合わせください。03‐5413‐8476受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]

お問い合わせ

前の記事

遊休地の活用方法➀

次の記事

遊休地の土地活用③