空き家再生での街おこしプロジェクト

空き家再生から始まる更なる街おこし

・空きスペースソリューション活動
高齢化・核家族化・過疎化などで空き家が増加しています。
そして各地ではメンテナンスが行き届かず、空き家に頭を悩ませる自治体は少なくありません。

空き家は何もしなければお荷物ですが、活用すれば資産になります。
そこで、空き家を”シェアハウス”へリメイクさせ、地域の活性化を目指します。

・シェアハウスのメリット
・収益が高い
入居者一人一人と契約を結ぶので、一世帯に貸し出すより家賃が多くとれますキッチンやお風呂は共用のスペースとすると、同じ敷地でも多くの部屋が設けられるので、単身向け物件を作るより効率がいいです。

・空室のリスクが少ない
一軒を一世帯に貸し出した時、退去されると、そこで賃料の徴収は終わってしまいますが、シェアハウスだと、個別契約なので一人が退去されても収入がなくなるわけではありません。

・地域にシェアハウスを導入することで期待できること
・地域に人を呼び込むきっかけになる
最近ではコロナなどの影響で生活が困難になった方々へシェアハウスを提供し
自立を支援したり、テレワークの拠点に郊外で余暇を楽しむコンセプトなどを提案し
過疎化地域に人を呼び込みます。

・地域全体に影響をもたらす
シェアハウスに入居者が増えることにより、地域のカフェなどの利用者数増加が見込まれます。

・人手不足解消につながる
例えば自立支援シェアハウスだと、その地域の街おこし協力隊と協力し、郊外の人手不足の企業とマッチングさせ、就職に発展させ、移住に繋げます。

・デメリットは?
ここまで、メリットや期待点を述べてきましたがデメリットについてお話します。

・住民トラブル
共用部分が普通の単身向け物件より生活に重要な部分が多く普通の単身向け住宅より住民同士が顔を合わせることが多いためトラブルが起こりやすいです。

・管理コストが高い
もし、物件管理が面倒で管理会社に管理を委託する場合、アパートの管理より高額に取られてしまう事があります。

・シェアハウス開始後の収益見直しイメージ

・空き家を借りたシェアスペースを運用した場合
一部屋3万円(管理費10%)(例:3万円✖️4部屋=12万円/月)となり、年間収入は約144万円になります。ちなみに、シェアハウス運用後も収益が期待できます。

利回り商品として売却し、生み出された売却金を地域に還元。
また、シェアハウス運用スタッフとして新たに雇用も生み出す事ができます。

・最後に
このように、シェアハウス運営には様々なメリットがあります。
空き家再生から始まる更なる街おこしの可能性が広がります。
現在は余暇を楽しみながらテレワークで仕事をする「ワーケーション」と言った言葉も生まれ、
テレーワーク拠点整備に取り組む地方自治体も増えイェ来ています。空き家問題が深刻になっている今こう言った活用もいいのではないかと思います。